今回は主観的な世界について書いていきます。

主観的な世界は現在「嫌われる勇気亅というドラマの中で出てきました。
「嫌われる勇気」は2013年アルフレッド・アドラーの「アドラー心理学」を解
説した書籍で話題になりました。その「嫌われる勇気」が原案の刑事ドラマが
今年の1月から始まりました
。内容は他人からの評価や詳判を一切気にせず、自己中心的だと言われてもひ
るまない一匹狼タイプ、対人関係の悩みから解き放たれると説くアドラー心理
学を地でいく、孤高の女性刑事の活躍を描いています。
その中でアドラー心理学の内容を少しずつ解説していくのですが、そこで紹介
されていた話がまず井戸水の温度の話です。井戸水の温度は年間を通してほぼ
18度で一定しています。その井戸水を冬に飲む時は温かく感じるし、夏に飲む
時は冷たく感じます。同じ18度の水であるにも拘らず温かく感じたり、冷たく
感じたりするのには体感温度が違うことで起きます。
つまり自分がどう感じるかは主観的な世界で決めているということです。主観
的な世界とは自分の中にある価値観や考え方を通して感じる世界のことです。
この主観的な世界からは誰も逃れることができませんし、またその主観的な世
界は一人ひとり違うのです。

しかし対人関係で悩む多くの人は、他者の評価が気になったり、他者からの承
認を求めてやまなかったりと本来他者の課題であるにもかかわらず自分の課題
だと思い込み、悩みをつくったり悩みを大きくしたりしているのです。
つまり自らが意味付けした主観や考え方で物事を勝手に複雑にしてしまってい
るのです。ここで大切なことは、「私たち一人ひとりの人生はそれぞれである」
ということです。
先ほどから書いていますが主観的な世界は人によって違うということです。ど
んなことでも肯定的な価値観もあれば否定的な価値観が存在するのです。「絶
対にこの価値観しかないという世界は存在しない」ということを知るというこ
とです。そう考えれば、他者からの評価は違っていて当たり前ですし、他者か
ら承認をされようがされまいがそれにいちいち反応して一喜一憂しても仕方な
いことだと理解できます。他者からの反応に振り回されている状態というのは、
自分の人生ではなく他者の人生を生きることになります。

あなたは誰の人生を生きたいのですか?

もちろん選択肢は一つではありません。そういった状態が心地良いと感じる人
もいるでしょう。自分の考え方や価値観を無理やり変えることはストレスを増
大させることにつながることも考えられます。自分自身が変わらないという決
断をすることも大事かもしれません。変化をするというのは嬉しい変化もスト
レスになりますからね。大事なのは自分の意志で決断をしていることに気付く
ことです。

このドラマは主人公が極端な空気の読めない刑事で表現されています。その方
が視聴者に伝わりやすいからでしょう。現実にそういった人がいれば、本人は
幸せでも周りは大変です。大事なことを理解してもらうために敢えて誇張した
表現をしているのだと思います。
アドラー心理学に興味がある人は詳しくドラマを見たり本を読んだリインター
ネットで調べたりしてみてくださいね。

キャリアコンサルタント
渡辺 二朗

メンタルヘルスケア派遣については

こちら⇒ http://haken-kagawa.com/?page_id=84